新年の御神体に御魂を入れる神事

12月15日清魂の儀を実施

日本海側は大雪が続き、神総本部も本格的な寒さを肌に感じる12月15日、神総本部真実の光会館で、新年の御神体に神の御魂を封じ込める神事、清魂の儀が執り行われました。教主、神奉仕が、迎える年の信者一人一人の仕合せを願われ、御神居用、個人用、乗り物用御神体の御魂入れをしてくださいました。同時刻には、「御神体の価値を学ぶ―清魂の儀に心を重ねて―」の勉強会も行われました。教会祝日信者心の道勉強会は11:00から実施され、教主は、清魂の儀の神示も併せてご指導くださり、来年も明るく一年を暮らすために必要な心の在り方を学び合いました。

当日の神示>>

 

清魂の儀の様子
 
 
 
御神体の価値を価値を学ぶ―清魂の儀に心を重ねて―の様子
 
教会祝日信者心の道勉強会の様子