前年の御神体から御魂を抜く神事

1月23日清礼の儀を実施

1月23日、関東の平野部に4年ぶりに降った大雪が残る神総本部で、返納された御神体の御魂を抜く神事、清礼の儀が挙行されました。真実の光会館光明殿にご出場された教主正使者供丸光先生、神奉仕供丸清先生は、地域窓口が真剣なまなざしで見守る前で、前年の御神体から御魂を抜くとともに、そこに込められたさまざまな思いをはらい清めてくださいました。10:00には、「希望の光の価値を学ぶ―清礼の儀に心を重ねて―」を実施。11:00に繰り下げて行われた教主担当信者心の道勉強会では、清礼の儀の神示も併せて、供丸光先生が解析してくださり、今年を仕合せに生きるための心の在り方を学び合いました。

当日の神示>>

 

清礼の儀の様子
 
 
 
 
希望の光の価値を学ぶ―清礼の儀に心を重ねて―の様子
 
 
教主担当信者心の道勉強会の様子