福寿の集いを開催

8月5日、明魂登録者とその家族を対象として、福寿の集いが神総本部で行われ、偉光会館にも中継されました。3回目となる今年、昨年に増して多くの人々が参加。酷暑の中、儀式に参列する気持ちで、正装で臨む姿もありました。
教主正使者供丸光先生は、神示を基に、神魂に人生を預ける明魂登録の価値を説かれるとともに、参加者の思いを神魂につないでくださいました。会場からは、「厳かさとは、こういう空気だと思いました」「お清めに時間を取ってくださり、心に深く染みました」と、感動と感謝の声が上がりました。「父親を受け入れられなかったけれど、自分の心を変えたいと思った」「もっと教えを学んで生き方に生かしたい」と、大きな気付きを得た家族の報告も届いています。終了後には、家族で玉納奉寿のパンフレットを受け取り、相談する姿も。心の道をつなぐために、家族の心が一つになった行事となりました。

 

収録ビデオ

神総本部;8月12日(日)、15日(水)、19日(日)、23日(木)、26日(日)、29日(水) 11:00
友和会館3階(※23日のみ4階)

偉光会館;各偉光会館でご確認ください。