大阪偉光会館開所記念信者勉強会を開催

今年が開所10周年という大きな節目に当たる大阪偉光会館。2月24日に神奉仕供丸清先生をお迎えして、開所記念信者勉強会が行われました。10年前の開所当日は強風でしたが、この日は見事な快晴。若者や家族連れなど、1400名を超える人が出席した勉強会では、冒頭、人の世の中は心で回ることをかみ砕いて話してくださいました。その後も、ご神示の一行一行に、深い真理が込められていることを感じるお話が続きました。

 

神魂にすがるとは? その価値を実感

「5年後、10年後の自分をつくるのは、今の自分の姿だと教えていただいたので、しっかり神魂にすがっていきたい」「相手の怒りや感情に負けて、その人の背景に気持ちがいってなかった自分に気付いた」「努力だけでは心の動きは抑えられない。神魂にすがる大切さを芯から感じた」「一人一人が唯一無二の存在ということが心に残った。家族に対する心が変わった」など、参加者の反響は大きく、神奉仕供丸清先生をお見送りする花道には、輝く笑顔があふれました。

 

大きな気付きから新たな歩みへ

うれしいにつけ、悲しいにつけ、いつも偉光会館へと足を運んできたこの10年。これからますます、自分たちの偉光会館の価値を多くの人々に伝えていく思いも深まりました。