年代別の偉光郷の研修がスタート

年代別に偉光郷で行われる、1泊2日の研修が今年もスタートしました。泊まりがけで行われるこの研修は、申し込む時から学びと実践が始まっていることを感じながら、「教えを日々生かす」ことを深く悟れる行事です。

 

気付きと悟り、得るものの大きさは計り知れない

社会の中軸を担う30代~50代の研修に参加した人の中には、職場で立場のある人もいます。その人が「自分は教えを学んでいるつもりだったけど、知識だった。生き方に生かせていないことに気付いた」と語ると、「そういうことを、立場ある方が素直に表現する、その姿に刺激を受けた」と応える参加者も。「この研修で出会う人は、全て今の自分を磨くために必要なご縁であることを感じる」と、多くの人が声をそろえる、特別な1泊2日です。

 

大きく心が引き上げられるチャンスを逃さずに!

研修を担当する職員は、「毎年、初日に聞いている質問がありましたが、今回は全く違うことを皆さんに尋ねました。その問いに対する参加者たちの答えから、日常には、教えの実践のチャンスが山のように転がっていることを、皆さん感じたようです」と、確実に研修自体が高まっている手応えを感じています。それは、何より参加者の心の成長、教えの浸透、教えに生きるんだ、という強い決意によるものです。

 

60代以上の研修は既にキャンセル待ちの状態ですが、30代~50代の研修にはまだ空きがあります。大きく心をジャンプアップさせる貴重なこの機会を、ぜひご活用ください!