神玉祭 ―先祖に思いが届く墓参の期間―

9月23日から11月15日までの光寿信者参拝時には、神玉里のある偉光郷と、全偉光会館で、故人、先祖に感謝を届ける神玉祭儀式を実施します。

伝導師による祈願の場が設けられ、故人、先祖に語り掛ける家族の思いが伝わって、魂の安らぎがいや増します。また、神総本部は安明殿において、偉光会館は神玉園、安明の間で、神飾りを奉奠するしつらえとともに、神玉祭儀式に代わる場が用意されます。