偉光郷とは

■心の道が末永くつながる

仕合せな人生を歩みたいと、誰もが願っています。仕合せとは、一人一人の持って生まれた良さを生かして、多くの人の役に立ち、生きがいにあふれた毎日を送ることです。そして、悔いのない人生を歩みきり、一生を終えた後も、自らの魂が繰り返し仕合せな人生に生まれ変わることができるのが、真実の幸福です。心の道が末永くつながるまことの救いを実現するため、欠くことのできない施設が、この偉光郷です。

 

 神  示
偉光郷 まことの救い得られる御所
 生まれて 人生 これ歩む 
    「まこと・人」の終日  
         閉じゆく過程に 
     欠くことならない光の足跡
  磨いて 磨いて 我が道光らせ 
      行き着く先に偉光郷あり 
              有り難や

 

 神  示
偉光郷 まことの救い得られる御所
 生まれて 人生 これ歩む 「まこと・人」の終日 閉じゆく過程に 欠くことならない光の足跡
      磨いて 磨いて 我が道光らせ 行き着く先に偉光郷あり 有り難や

 

■神魂が守る御魂安置所

この館を通して一人一人の心が安心感に包まれ、心の道がつながっていくように、偉光郷にはご守護くださる神魂が宿り、直使、代神の神玉が安置されています。したがって、神魂を祭る神殿、また故人の魂を神魂がお守りくださる御魂安置所として神玉里、そして心を育む研修施設である秀和の道会館を併設しています。さらにその延長には、全国各地の偉光会館に、納骨施設である神玉園を設けています。

 

 

■終焉は新たな人生の始まり

人生は、有限です。誰にも必ず終焉の時が訪れます。そのようなことを思いもせず、自由に生きてきた人でも、晩年を迎えてその時が近づくにつれ、どのような最期を迎えるのか、不安が尽きないのも、人の常でしょう。しかし、魂は永遠なのです。繰り返し生まれくることを深く理解できると、今の生き方をより高める意欲が湧き上がります。そのように生きる姿勢が、次の人生をさらに素晴らしいものへと引き上げていくのです。神と歩む道において、死は全ての終わりではなく、より輝く人生の始まりとなるわけです。それは万人の願いなのではないでしょうか。従って、神は死を「没」ではなく、「寿」と表されます。新たな偉光(ひかり)に包まれる寿の時に、本人は希望を持って旅立ち、そして遺族は寂しさの中にも全てを受け入れ、共に深い安らぎを覚えるのです。

 

■心と魂を救う「心療所」

一人一人が仕合せな人生を歩めるように開かれた「希望の光(みち)」、そして永遠の魂の救いを約束する「真実の光(みち)」。そうしたまことの救いを味わえるように、偉光郷には故人の魂が安心して次の人生を待つことができる御魂安置所、神玉里があり、一人一人の心を磨く秀和の道会館があります。神は、この偉光郷を、一人一人の心を救い、魂を救う「心療所」とも表されました。故人の魂が安らぎ、遺族の心も安心感に包まれる、まさに心と魂を癒やす尊い御場所なのです。

 

■家族で共に出入りを

偉光郷は、相模湾を一望する湯河原の山上にあり、周囲には豊かな自然が広がります。参拝した家族をはじめ、儀式を受けた方々も、秀和の道会館でゆったりと過ごせます。宿泊すれば、野鳥のさえずりで目を覚まし、爽やかな空気に、身も、心も潤います。神が、「心療所」と表された偉光郷は、心身に加え、魂までも癒やされていく、この上もない環境です。折に触れて、家族で偉光郷に足を運び、心行くまでこの環境を味わってください。和のある家庭を築くところに、その家の心の道がつながり、故人の魂が輝く運命を授かって生まれてくることでしょう。

 

■まことの救いを実現する歩みが

偉光郷は、平成16年にできました。しかし、そこには、直使、代神が願い続けられた長い年月がありました。偉光郷では、神示教会の歴史とともに、偉光郷の歩みをたどる展示を常設しています。教会史を振り返れば、この偉光郷が、人の心と魂を救うために、どれほど重要な施設かがつかめることでしょう。偉光郷にお越しの折に、ぜひご覧ください。

 

 神  示
偉光郷――救世の力 いや増し輝き  
  信者 世の人々の「心」を
             導いてゆく
 「直使」「代神」の思いを頂き
   信者 世の人々の「心の道」を
            つないでゆく

 

 神  示
偉光郷――救世の力 いや増し輝き 信者 世の人々の「心」を導いてゆく
 「直使」「代神」の思いを頂き 信者 世の人々の「心の道」をつないでゆく