東日本大震災復興支援 これまでの歩み

大震災で被災された皆さまは、互いを思いやり、力強く、復興への歩みを進めてきました。神示教会では、今後も被災地の皆さまの心に寄り添い、共に歩んでまいります。これからも、さまざまな支援の輪の中で、さらなる発展を目指してまいりましょう。

平成24年

 

岩手偉光会館が開所

平成27年9月6日、岩手県花巻市に、東北地方に6番目となる偉光会館が開所しました。当日は、神主教会長先生、教主正使者供丸光先生、神奉仕供丸清先生をお迎えして、偉光会館に神魂を宿す清魂の儀と開所記念式典を挙行。「この日を指折り数えて待っていました」と、多くの人々がお祝いに駆け付けました。

 

 

平成29年

被災の6年後 東日本大震災復興支援に重ねて希望の光勉強会を実施

3月5日の希望の光勉強会は、平成23年3月11日の東日本大震災からの復興を支援する内容を含んで行われました。教主正使者供丸光先生は、神総本部から被災地に向けて、力強いお言葉を掛けてくださいました。宮城、岩手、福島、茨城高萩偉光会館では多くの方が出席し、神示を基にこれからの生き方をお教えくださる教主のお言葉に、真剣に耳を傾けました。被災地の方々は、大変なご苦労を乗り越えて、一年、また一年と力強く復興の道を歩んでいます。神総本部、また全国の他の偉光会館で出席した方々は、今後も温かい支援を続ける思いを新たにした行事となりました。

 
神総本部
 
 
 
宮城偉光会館
 
 
岩手偉光会館
 
 
福島偉光会館
 
 
茨城高萩偉光会館

 

 

平成30年

被災の7年後 宮城で教主ご担当の勉強会を実施

3月18日、宮城偉光会館では、教主正使者供丸光先生をお迎えして、係を対象に信者心の基勉強会が実施されました。午前、午後と、2回にわたり、教主が質疑応答も交えて、ご指導くださいました。
出席者は、真剣に耳を傾け、「学べて良かった」「教えで生きる大切さに気付けた」「教えを家庭の中で実践していきたい…」などと、気付きや悟りを深めた声がたくさん届いています。
大震災から7年の節目に、各人が、心も新たに、奉仕心で歩んでいくことを確認した、有意義なひとときとなりました。

 
宮城偉光会館