図解ダウンロード


このページでは、「」の文字を自分のパソコンに登録するための手順を案内しています。以下の手順で行うことで、どなたでも簡単に、正しく教会名を表記することができます。
なお、外字について詳しく知りたい方は、「外字の詳細説明」をご覧ください。

       
●書体について
現在は、次の4種類に対応しています。
  1. 明朝体
  2. ゴシック体
  3. 丸ゴシック体
  4. 正楷書体
※明朝体の設定を例に説明しています。   
〔ページの先頭へ〕

●概要
」の文字は、次の手順により、パソコンで使用できるようになります。 ※単語設定は、MS-IMEを例に説明しています。
※WindowsXP環境を例に説明しています。   
〔ページの先頭へ〕

A.「」の文字をダウンロードする
ダウンロード案内 ダウンロードアイコン

  • 1.左にある「ダウンロード」のアイコンをクリックします。

  • ※ダウンロードのアイコンの上に、マウスポインタを乗せると、オレンジ色のアイコンに変わります。この状態で、クリックします。
セキュリティの警告画面
  • 2.「保存」をクリックします。
名前をつけて保存画面
  • 3.「shinjikyoukai_f01.EXE」ファイルの保存先を指定します。
    例では、「デスクトップ」に保存します。画面左側の「デスクトップ」をクリックして、保存する場所を「デスクトップ」に指定します。そして「保存」をクリックします。「shinjikyoukai_f01.EXE」ファイルは、圧縮した状態でダウンロードされます。
ダウンロード中の画面
  • 4.ダウンロードが開始されます。ダウンロードが完了するまでには、ある程度の時間がかかります。(パソコンの環境によっては、この画面が表示されない場合もあります)
ダウンロードの完了画面
  • 5.ダウンロードが完了すると左の画面が表示されます。「閉じる」をクリックします。
shinjikyoukai_f01.exe画面
  • 6.「shinjikyoukai_f01.EXE」アイコンがデスクトップに作成されます。「shinjikyoukai_f01.EXE」アイコンをダブルクリックしてファイルを解凍します。なお、ここで言う解凍作業とは、「」の文字をパソコンに外字として登録できるようにするための準備作業のことです。
セキュリティの警告画面
  • 7.「実行」をクリックします。
解凍先の指定画面
  • 8.解凍先の指定画面です。ここでは、「変更」をクリックして、解凍先を指定します。
フォルダの参照の画面
  • 9.フォルダの参照画面が表示されます。外字登録するための「」の文字の仮登録先を指定します。今回の例では、デスクトップを仮指定先として登録します。
フォルダの参照の画面
  • 10.「デスクトップ」のアイコンをクリックして選択し、「OK」をクリックします。
解凍先の指定画面
  • 11.解凍先にデスクトップが指定されました。「OK」をクリックします。
デスクトップ画面
  • 12.「手順10」で指定したデスクトップに、「外字」フォルダが作成されます。なお「shinjikyoukai_f01.EXE」ファイルは、この後の作業で使用しないため、削除しても構いません。
〔ページの先頭へ〕

B.外字の設定をする
外字フォルダの中身画面
  • 13.「外字」フォルダが正しく作成されているか、中身を確認します。「外字」フォルダをダブルクリックして開きます。「神示教会フォント」フォルダと「外字設定確認テキストt.txt」があることを確認します。
外字フォルダの中身画面
  • 14.次に、「神示教会フォント」フォルダをダブルクリックして開き、さらに「ビットマップフォント」フォルダをダブルクリックして開きます。
ビットマップフォントフォルダの中身画面
  • 15.明朝体、ゴシック体、丸ゴシック体、正楷書体の4書体のファイルがあることを確認します。
デスクトップ画面
  • 16.「スタート」をクリックして、「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
    • ※windows vistaの場合は、「検索の開始」ボックスをクリックします。
    • ※windows7の場合は、「プログラムとファイルの検索」ボックスをクリックします。
    • ※windows8の場合は、を同時に押します。
ファイルを指定して実行画面
  • 17.「名前」に「eudcedit」と入力して、「OK」をクリックします。
    • ※windows vistaの場合は、「検索の開始」ボックスに「eudcedit」と入力して、「ENTER」キーを押します。
    • ※windows7の場合は、「プログラムとファイルの検索」ボックスに「eudcedit」と入力して、「ENTER」キーを押します。
コードの選択画面
  • 18.「外字エディタ」が起動し、「コードの確認」画面が表示されます。「キャンセル」をクリックして、「コードの確認」画面を閉じます。
外字エディタ画面
  • 19.「外字エディタ」画面になります。メニューバーの「ファイル」をクリックします。
外字エディタ画面
  • 20.「ファイルメニュー」の中の「フォントのリンク」をクリックします。
フォントのリンク画面

  • 21.ここでは、明朝体の選択を例に説明します。「フォントのリンク」画面では、
    • @「指定したフォントにリンクする」をクリックして選択。
    • A「フォントの選択」欄ではMS明朝をクリックして選択。
    • B「名前を付けて保存」をクリックします。
外字ファイル名の変更画面
  • 22.「外字ファイル名の変更」画面になります。ダウンロードしたファイルを外字ファイルとして指定します。先ほど解凍先として指定した「デスクトップ」をクリックして選択します。
外字ファイル名の変更画面
  • 23.「デスクトップ」が開きます。ダウンロードした「外字」フォルダをダブルクリックして開きます。
外字ファイル名の変更画面
  • 24.続いて、「神示教会フォント」フォルダをダブルクリックして開きます。
外字ファイル名の変更画面
  • 25.「ビットマップフォント」フォルダをダブルクリックして開きます。
外字ファイル名の変更画面
  • 26.「明朝体(ビットマップフォント).tte」ファイルをクリックして選択します。画面下の「ファイル名」の欄が「明朝体(ビットマップフォント).tte」になります。これで外字ファイル名の変更ができました。「保存」をクリックします。
フォントのリンク画面
  • 27.「フォントのリンク」画面に戻ります。「フォントの選択」欄のMS明朝のフォント名が「MS明朝」から「明朝体(ビットマップフォント).tte」に変わっていることを確認します。これで外字の設定は完了です。「OK」をクリックします。

    • ※ゴシック体、丸ゴシック体、正楷書体についても、19〜27の手順を繰り返せば、それぞれの書体が登録できます。
外字エディタ画面
  • 28.「外字エディタ」画面に戻ります。外字エディタを終了します。メニューバーの「ファイル」をクリックします。
外字エディタ画面
  • 29.「ファイルメニュー」の中の「外字エディタの終了」をクリックします。
〔ページの先頭へ〕

C.単語登録をする
外字フォルダ画面
  • 30.設定した外字は、単語登録しておくと、簡単に呼び出すことができます。ダウンロードした「外字」フォルダを開きます。そして「外字設定確認テキストt.txt」をダブルクリックして開きます。
外字設定確認画面
  • 31.枠で囲まれた所に教会名が表示されています。最初は「大山・命」という表示になっています。例では明朝体で設定してあるため、画面の書体を明朝体に変更して、確認します。メニューバーの「書式」をクリックします。
外字設定確認画面
  • 32.「書式」メニューの中の「フォント」をクリックします。
フォント画面
  • 33.フォント画面になります。「フォント名」の下のMS明朝をクリックすると、「フォント名」欄がMS明朝になります。「OK」をクリックします。
外字設定確認画面
  • 34.「外字設定確認テキストt.txt」画面に戻ります。画面の書体がMS明朝に変わっています。ここで、教会名が正しく表示されていることを確認します。
デスクトップ画面
  • 35.次に単語登録です。「スタート」をクリックして、「すべてのプログラム」「アクセサリ」「メモ帳」の順にクリックして「メモ帳」を起動します。
メモ帳の画面
  • 36.「メモ帳」が起動します。
外字設定確認画面
  • 37.「外字設定確認テキストt.txt」画面に表示されている「大山命」の文字をドラッグします。右クリックして、ショートカットメニューの「コピー」をクリックします。
メモ帳の画面
  • 38.「メモ帳」画面に戻り、MS-IMEツールバーの「ツール」をクリックします。
メモ帳の画面
  • 39.「ツール」メニューの中の「単語/用例登録」をクリックします。
単語用例の登録画面
  • 40.「単語/用例登録」画面の「語句」欄で右クリックします。
単語用例の登録画面
  • 41.「貼り付け」をクリックします。
単語用例の登録画面
  • 42.「」の文字が貼り付けられます。画面には「」の文字が表示されませんが、コピーされていますので、安心してください。
単語用例の登録画面
  • 43.単語の「読み」を入力します。ここでは、「大山命」の登録の仕方を説明します。まず、「おおやまねずのみこと」と入力し、次に「登録」をクリックします。
メモ帳の画面
  • 44.単語登録の確認をします。「メモ帳」に戻り、平仮名で「おおやまねずのみこと」と入力します。
メモ帳の画面
  • 45.変換キーを押します。
    この時、「大山命」の文字が表示されれば、単語登録の完了です。


※外字のダウンロード後、画面表示やプリント出力の際に、外字が正しく表示、印刷できない場合は、こちらをクリックしてください。>>Windowsにおける外字にまつわる現象について