今を生きる指針
4月の神示

確かな指針をつかみ
悔いなく生きる知恵に

さまざまな話題が瞬時に地球上を駆け巡る今、あふれる情報に心を揺さぶられることもあるでしょう。先の見えない不安を抱えながら、環境変化の激流の中で、必死に前進しようと努める人も多いのではないでしょうか。変化の激しい時代だからこそ、これからの社会がどこへ向かっていくかを知って、「今はこのような生き方が必要…」と、確かな指針をつかむことです。
世界には、多種多様な学問や知識が存在しています。その中で、神の表される真理は、万人を幸福へと導く教え、誰もが仕合せになれる普遍の生き方です。日々の暮らしの中で、「この先どうなっていくのか」「これでよいのだろうか」と不安や迷いを感じたとき、神の説かれる神示に目を向けると、「こうすれば大丈夫」「これなら間違いない」そんな安心感とともに、着実に歩みを進めていけます。まさに、今目前にしている社会の流れにのまれず、人の言葉や態度に振り回されないように、神の教えが生きる知恵として自分の支えとなることを、必ず実感できるでしょう。
多くの情報の中に暮らしていると、家族であっても「それは違う」「そうではない」と、考えや気持ちがばらばらになりがちです。しかし、神から人生の真理を学び、今必要な努力を重ねていったなら、自分の周りに温かい環境が広がっていきます。夫婦の会話がますます増えて、親子が素直に語り合えるようになっていくはずです。どのような社会の変化があったとしても、家族で支え合って、必ず乗り越えていけるでしょう。


※以下の神示は、当月の信者心の道勉強会、ならびに15日、23日、29日に実施する教会祝日信者心の道勉強会で使用します。