今を生きる指針
9月の神示

仕合せ、幸福の本質は
教えに生きる豊かな心に

人間は、肉体があるために、衣食住の充実をはじめ、物質的な豊かさを求める傾向が強くなりがちです。文明、文化の発展の先には、快適で仕合せな生活が待っていると感じている人も多いのではないでしょうか。
ところが、科学の進歩は、人々の暮らしに数々の利便性をもたらすばかりでなく、人類の生存を脅かす核ミサイルや化学兵器まで生み出しました。発達した通信技術を悪用した巧妙な犯罪も増加しています。知識や情報が豊富なあまり、家族それぞれの意見が重ならず、家庭の調和が乱れる事態が増えているかもしれません。
人類が求める幸福は、一体どこにあるのでしょう。どれほど高度な技術の進歩も、物質的な豊かさも、それに関わる人間の心次第で、幸、不幸が分かれます。仕合せ、幸福の本質は、心の豊かさにあります。人は、自分の存在を社会に役立て、持てる力を人のために生かすほど、周りから喜ばれ、自分も生きがいを感じて暮らせるものです。そうした日々を重ねた先に、悔いなく人生を歩みきり、素晴らしい足跡を子孫へとつなぐことができるのです。
神から真理を学び、触れ合う人を優しく包める愛ある自分へと、ますます心を磨いていきましょう。神の教えを生きる指針とする人は、社会の風潮に流されたり、心が振り回されたりすることはありません。不安に押しつぶされることもなく、どのようなときも、安定した心で暮らせるはずです。


※以下の神示は、当月の信者心の道勉強会、ならびに15日、29日に実施する教会祝日信者心の道勉強会で使用します。