今を生きる指針
10月の神示

教えを生かす努力を重ね
真に調和の取れた人に

人生は、限りある時間です。一人一人の価値ある人生を悔いのないものとできるように、確かな生き方を神から学び、毎日に生かす努力をすることです。
日々の努力も、それが的を射ていなければ、人生の実りにはつながらないものです。例えば、和の心が大切だからと、何でも相手に合わせたり、じっと我慢したりするだけで、良い結果になるのでしょうか。大切なのは、まずは相手に情けをかける心、相手の身になって気持ちを思いやる心です。その心が身に付くほど、人から感謝され、必要とされて、自分自身の生きがいに返ってくるのです。
神が表される神示は、先の見えない人間にとって、足元を照らし、展望を広げて、正道へと導いてくれる確かな指針です。神示に多く触れ、つかんだことを実践する中で、今ある環境に順応し、誰とも円満に暮らせるように、生き方が磨かれていきます。

さらに「家庭は…」「仕事は…」「人間関係は…」と、真理を軸に自分の現状を見詰めたとき、反省点や課題、新たな目標が、必ず見えてきます。教えを生かす努力を重ね、全ての経験を糧と返していきましょう。多くの人に愛され、支えられて、ますます社会で活躍していけるはずです。


※以下の神示は、当月の信者心の道勉強会、ならびに15日に実施する教会祝日信者心の道勉強会で使用します。