今を生きる指針
12月の神示

全ての出会いに感謝し
心の成長を重ねる日々を

今年も、いよいよ最後の月となりました。この一年を振り返れば、さまざまな出来事が心に浮かび、感謝や反省とともに、迎える年への期待や抱負が湧き上がってくることでしょう。
人生には、数えきれない出会いがあります。その一つ一つをどのように受け止め、そこから何をつかむかによって、夢に向かって前進する力となるか、心の傷となって残ってしまうかが決まります。
社会を見渡せば、常に流動的で先行きの見えない現状があります。その中で、無意識のうちに感じ方や考え方にゆがみが生じることもあるかもしれません。だからこそ、確かな生きる指針が必要です。
どれほど専門的な知識を究めても、想定外の出来事に心を揺さぶられ、不安が募って、確かな人生のよりどころを求める人も増えていくはずです。そこに、この世の仕組みや開運の真理を学べる神示教会の価値があります。
神の教えを通して社会の変化を見詰めていると、そこに必ず進むべき道筋、探している答えが見いだせます。人生に悩みや苦しみをもたらす心の動きに気付き、修正していくこともできるのです。
さて、今年は、どのような成果を人生の年輪に刻めるでしょうか。身近なところで教えを生かして暮らした人は、一つ一つの出会いから学び取り、全てに感謝できる自分になっているはずです。

 

※以下の神示は、当月の信者心の道勉強会、ならびに15日に実施する教会祝日信者心の道勉強会で使用します。