今月の教え 5月
社会の明暗を分けるもの

 

社会を動かす力は、誰が持っているのでしょう。国家であれば、大統領や首相などは大きな権限を持つ存在です。社会の最小単位である家庭で考えれば、一家の主が家族の中心になっているでしょうか。
しかし、日々刻々と流動する社会は、そうした一部の人によって動かされているわけではないのです。ましてや、より良い方向に動かそうとするとき、関わる人々の持つ良さを重ね合わせていく以外に方法はありません。
家庭であれば、家族それぞれの良さを生かし合うことです。一企業や団体の組織の中も、企業同士の連携も、互いの良さを生かしていくことが必要です。各自に与えられた運命の力の大きさに気付き、神の教えに沿って、互いに重なる努力をするところにより良い結果が生まれるのです。

 

※以下の神示は、当月の信者心の道勉強会、ならびに2日、15日、23日に実施する教主担当信者心の道勉強会で使用します。