今月の教え 11月
人生を価値あるものに

 

この世に人として生まれた以上、生きがいのある日々を送りたいものです。たとえ経済的に恵まれても、心に悩みを抱えていたのでは、これほどつらいことはありません。夫婦、親子が仲良く会話し、職場や近隣の人々とも、互いの良さを生かして助け合い、自分の能力や経験を周りのために役立てていける、そのような姿を目指すことです。
神の教えを学んでいると、人としてあるべき生き方がつかめてきます。物事の是非が分かり、周囲の動きに振り回されることもなくなります。毎日を穏やかな心で過ごせ、健康にも恵まれます。そうして自分が変わるほど、取り巻く環境も自然と変わっていきます。一人一人の有限な人生を、充実した悔いのないものとできるのです。

 

※以下の神示は、当月の信者心の道勉強会、ならびに1日に実施する教主担当信者心の道勉強会で使用します。