9月23日 神魂誕生記念祭

神魂への感謝の思いを表し、開運を目指す心を深めます。

10月29日 代神誕生記念祭

代神への感謝と報恩の心を表します。

11月15日 聖日記念祭

感謝とともに真実の幸福を目指すことを誓います。

 

 

※3密を避けるため、全ての式典を招待制とさせていただきます。
招待者には、事前に招待券をお渡ししています(全会場が招待会場です)。招待券をお持ちでない方は、会場にお入りいただけないことをご了承ください。

※後日の視聴会は行わず、メールマガジンで動画を配信いたします。
視聴には、メールマガジンへの登録が必須です。登録がお済みでない方は、登録手続きをお取りください。

 

 
 

神魂に感謝を届ける
「御礼御祈願書」「愛礼の儀」

一年を振り返り、あふれる感謝、そして学びと実践の中で得られた心の成長、確固たる報恩の思いを、「御礼御祈願書」に記入し、神魂に報告しましょう。各自の真心は、「愛礼の儀」で神魂に直接お届けできます。

 

故人、先祖に安心感を
「神玉祭」の儀式

教えで生きようと取り組む姿が、故人、先祖にどれほど安心感を与えるか知れません。偉光郷、偉光会館で「神玉祭」の儀式を行いますので、仕合せな姿をお届けしましょう。

また、安明殿、安明の間では、心行くまでご挨拶していただけます。今年は社会情勢に鑑み、神飾り奉奠を行いませんが、皆さまの思いは、教主正使者供丸光先生が確実につないでくださっていますので、ご安心ください。

 
 

神示教会ご案内会を毎日開催

ご自分の体感した“教えで生きる素晴らしさ”を、家族、友人、知人が共に味わえるように、お気軽に神の館へとご案内ください。神示教会への理解を深めていただける「ご案内会」は、毎日開催しています。

 

「喜びの声」の提出を

ことしも、神魂にお届けする「御礼御祈願書」とは別に、それぞれが味わった救われた喜びの声を募集いたします。専用の記入用紙、またはレポート用紙、便せん等を各自で準備して、氏名、信者番号、下記のテーマを明記の上、提出してください。

テーマ;光明殿で参拝する喜び

神の館まで思うように足を運べない方も多い今年。心の中で、それぞれが「神総本部に行きたい」「光明殿で祈願したい」と、神を求めて求めてやまない思いが膨れ上がったのではないでしょうか。

大山命のご本体が根を下ろされた光明殿は、神魂と接見のかなう、この世に唯一の尊い御場所です。

信者であれば、つらい気持ちを抱えて、あるいは喜びを報告したくて、何度も足を運んだ思い出があることでしょう。参拝後の変化も含めて、ことしは「光明殿で参拝する喜び」をテーマといたします。ぜひご記入ください。寄せられた声は、喜びの輪を一層広げるために活用させていただきます。

「喜びの声」用紙の提出
場所 神総本部友和会館1階「喜びの声 投函箱」、各偉光会館
期間 9月23日~10月6日

 
 

交通手配
神総本部参拝を“旅のプロ”がお手伝いします

家族や個人での神総本部参拝を、専門スタッフがサポートします。航空券や宿泊施設、タクシーの送迎の手配など、ご希望を伺いながらプランを組み立てます。お気軽に声を掛けてください。

 

浄財奉納に真心を託して

喜びを味わった感謝を表す、御礼浄財奉納にご協賛をお願いします。皆さまの真心が、多くの人々の幸福を実現する救世環境の整備・維持につながります。