年末年始は家族で神の館へ

12月1日の「愛寿御礼祭」で、この月間の意義と、新たな年に向かうための心の在り方をつかみます。これまでの人生を振り返り、神、教会をはじめ、多くの出会い、支えへの感謝を深めて、神魂誕生20周年の節目を迎える心の準備をしましょう。

令和4年は、平成14年9月17日の神魂誕生から20年の節目。救世の手だてが完成している今、「道を守れば光が通る」神魂の時代の価値、ありがたさを誰もが実感できます。
新年には、家族で神の館に参拝し、神魂と共に歩む誓いを新たにしましょう。

1月1日の開門時間

神総本部;5:45~17:00
 御神体の受け取り 6:10~17:00(地区指定)
偉光郷;8:30~16:00
偉光会館;9:00~16:00

※1月2日以降の開門時間は通常どおりです。

年末年始の予定

12月30日

神総本部・偉光郷休講日、偉光会館閉門日

12月31日

神総本部・偉光郷休講日、偉光会館閉門日

1月1日

祈願祭(10:00 招待制)、祈願祭(午後 収録)
※地区指定。神総本部10:00の部は開室と同時に会場をご案内。12:00の部は、11:00から信光会館1階で会場をご案内

1月2日~30日

祈願祭(収録)
※休講日を除く。2日と3日、教会祝日は地区指定

※1月2日、3日のみ、友和会館、信光会館は8:30に開室します。
※1月2日~3日、教会祝日の神総本部での祈願祭(収録)は、地区指定で行います。2日と3日の9:00の部は、開室と同時に会場をご案内します。それ以外は、1時間前から、実施する各会館信光会館1階で会場をご案内します。10日までは、30分置きに実施します。詳細は、日別予定でご確認ください。
偉光会館はこちら

(3.11.25更新)
式典
式典

令和3年12月1日 愛寿御礼祭

神示を基にこれまでの人生を振り返り、多くの存在への感謝を深めるとともに、心を清めて、翌年に心の成長をつなげることを誓います。

令和4年1月1日 祈願祭

神が表される一年の指針となる神示を基に、新たな年の課題を学びます。

神事
神事

令和3年12月15日 清魂の儀

神の使い人が御神体に御魂入れを行ってくださる神事です。

令和4年1月23日 清礼の儀

神の使い人が、返納された前年の御神体の御魂抜きを行うとともに、各自の思いを清めてくださる神事です。

御神体には、神の御魂が封じ込められています。尊い神の分魂を手元にお預かりし、神を感じながら日々歩んでいきましょう。神が表される課題を見詰め、常に祈願で自分を高めていく積み重ねに、必ず仕合せを手にする生き方が身に付きます。

御神体
御神体

受け取りは地区指定制で

御神体は、神総本部、全国の偉光会館で1月1日から受け取れます。年始の参拝、御神体の受け取りは、密集を避けるため、神総本部では1月1日から3日と教会祝日は地区指定制となっています。偉光会館は、予定表でご確認ください。

なお、感染症対策のため、共用の筆記用具は用意していません。あらかじめ「御神体申込書」に体数を記入してお持ちください。

前年の御神体の返納はお早めに

前年の御神体は、1月23日の「清礼の儀」に間に合うように、神総本部は1月20日、偉光会館は1月15日までにご返納ください。海外在住などの事情で1月23日を過ぎる場合は、なるべく早めのご返納をお願いします。

地方会場をご活用の皆さまへ

一部の地方会場では、1月に御神体をはじめ、神飾り、しめ飾り、新刊図書、神示教会カレンダーなどもお求めいただけます。

神物
神物

ご準備は、必ず12月29日までに

新年を迎える前に御神居を整え、年が明けたなら、新たな御神体をいち早くお祭りしましょう。令和4年の正月は、御神体会場の密集を避けるため、神飾り、しめ飾りの用意は必ず年内に済ませておいてください。
なお、前年の物は紙に包むなどして、各人が自宅で処分してください。感染症対策のためにも、神の館への返納はご遠慮いただきますよう、ご協力をお願いします。
また、教会費の納入、神示教会カレンダーの購入なども、年内に済ませましょう。