いよいよ、令和4年9月23日に迎える神魂誕生20周年。この歴史の大きな節目に意識したいのが、3つのキーワードです。これをいつも心に留め、掛け替えのない「人生の実り」を一人残らずが手にし、神魂へご恩返ししましょう。

Topics

神総本部 真実の光会館があるべき姿に

真実の光会館は、神の座である「光明殿」と、仏の座である「安明殿」が一体となって、真実の救いへと導く、この世で唯一の御場所です。
神から肉体に魂を宿され、先祖から気質や体質などを受け継いでこの世に誕生している人間は、神への感謝はもちろん、仏への感謝も外せません。そうした深い真理に基づき、神へのご挨拶の後、仏へのご挨拶の場につなぐ内参道が、あるべき姿に整っていきます。形だけでなく、神の道を通し、仏の道を通す心もまた、一筋に、真っすぐにつながり、希望の光をより力強く歩んでいけるのです。これにより、真実の光会館は、まことの完成へ向け、前進していきます。令和4年3月7日に着工し、約2年かけて完成を目指します。

完成予想図

「安明殿参道整備清めの儀」
令和4年3月6日、工事に先駆けて、教主正使者供丸光先生、神奉仕供丸清先生による清めの儀が執り行われました。

New 「神魂誕生20周年 紫の会」を9月17日に開催 (4.7.29更新)

神魂誕生20周年の大きな節目を迎える今、「紫の会」をあらためて開催します。

日時;9月17日(土)10:00 ※招待制
※当日12:00、14:00も、招待制で視聴会を行います。
場所;神総本部信光会館2階、全国偉光会館(中継)

「教会史」開講

1月から9月まで、神示教会の歴史から、今の時代の価値をつかむ特別行事を開講します。

「教会史展示室」が1月1日からリニューアルオープン

不思議としか思えない出来事が重なって、紡がれてきた神示教会の歴史。この現代の神話を、年表と共に、神示や写真、エピソードなどを交えながらたどります。当時を知らない人も、信者でない人にも、その不思議と神秘の世界から、神の存在が深く感じられることでしょう。

場所;神総本部真実の光会館安明殿1階
開室時間;9:00~16:00 ※閉門日を除く

『心の旅路100』記念特集号 1月1日発売

教えに生きて得られる数々の救い。その体験事例こそ、神示教会で味わえる奇跡、神の力の証しそのものです。昭和63年の『奇跡体験談集』第1号から発行を重ね、今号で100号。真実の救いの大きさを自身が目にするだけでなく、仕合せを願う大切な人々にも届けましょう。

・1月23日に、「『心の旅路100』出版記念感謝の集い」が開催されました!

「心の歩み note」 1月1日発売

神の教えを確実に実践するためのマイノート。神示、真理に沿った月々の課題や目標に取り組み、月末には達成度を自ら採点。12カ月重ねれば、自身の心の成長を必ず実感できるはず!

その他の令和4年の事業計画

1月  神示教会のロゴが新たに

最新情報は、「菜の花通信(メールマガジン)」でもご案内しています。受信に当たっては、信者専用コーナー「菜の花ひろば」の登録が必要です。登録がお済みでない方は、下のリンクから新規登録をお願いいたします。