一年を感謝で締めくくる 12月1日愛寿御礼祭

いよいよ迎えた12月は、一年を締めくくる愛寿御礼信者参拝時です。初日となる1日には、神総本部と全国偉光会館を結んで、愛寿御礼祭が挙行されました。会場を埋め尽くした人々は、それぞれが自分の『友輪』を手にして、今必要なことをつかもうと、期待に胸を弾ませて、開始を待ちました。
最初に神奉仕のお話から、混迷する時代の中で、神の教えを軸に生きられる価値をあらためて確認。次に神主のお話で、どんなことでも人生の糧とできる有り難さを見詰め直しました。さらに、教主のお話から、今自分自身に必要な内容を具体的につかんだひとときでした。

 

年々歳々成長してきた自分に気付いて
愛寿御礼祭を学んだ人々は、湧き出る思いを口々に語っています。

 

「神主のお話に、本来の姿からどれだけ引き上げていただいているのかと感謝があふれました。自分なりにつかめていたつもりでも、今思うと浅かったなと気付き、自分の成長を感じました」
「昨年、一昨年…と振り返って、我を通してきた生き方を反省。最近は調和に向ける思いがどんどん深まっていて、生涯学ぶ意義を再確認しています」
「感謝の気持ちの大切さがあらためてつかめました。それが災害や事故などからも身を守ると実感。この一年どれほど守られていたか、ありがたい思いでいっぱいです」
「教主のお話から、社会環境がどんなに変化しても、神の教えを軸に生きれば、明るい未来が待っているという自信が持てました」

 

「今に満足、きょうに感謝」の思いで歩む!
12月は、神魂と共に歩んできた人生を振り返る時。教主がお話しくださったとおり、いろいろあったけれど、本当にありがたいと、今に満足、きょうに感謝する思いが湧き上がってくるのではないでしょうか。
この月だからこそ、まずは支えてくれる目上の人々や家族に、明るい笑顔で感謝の言葉を掛けて…と分かりやすく呼び掛けられた教主のお言葉を生かしていきましょう。

 

 

式典

 

参拝