大恩を胸に臨む代神誕生記念祭
供丸斎先生の生き方を手本に

10月29日、代神誕生記念祭が執り行われました。この日は、供丸斎先生が大山命の使者としての任を終え、神の世界へと昇華された尊い記念日です。
供丸斎先生は、誰一人大山命を知らない戦後の日本に、神の実在と教えを示され、さらに、供丸姫先生を直使の道へと導かれました。今、私たちが数々の救いを味わえるのも、供丸斎先生の足跡あればこそ。一人一人が代神の歩みに思いをはせ、より一層の感謝を深めています。

教えを説き広めてくださった感謝

神奉仕は、「いつまでも永続するだけでなく、子孫にまで残せる仕合せがあります。それを手にする手段を広めてくださった大恩人が供丸斎先生です」と語られました。続いて神主は、「それぞれが関わる社会に平和を求めて立ち上がってもらいたい」と呼び掛けられ、代神の偉大な足跡に絡めて、求めさえすれば、どこにいても偉光の恩恵を受けられる時代であることをお話しくださいました。
どこまでも愛深く、相手が間違っていれば叱りつつも、人との縁を大切にされた供丸斎先生…。教主が語られたのは、代神の生き方を心の手本に、「家族」で教えを学ぶ重要性でした。神の教えを人生の軸に据えれば、環境変化にのまれず、仕合せに生きられます。それがどれほど有り難いことか…。出席した誰もが、その価値を深く受け止めていました。
最後に、代表二人の感謝の言葉に自分の思いを重ね、それぞれが教えで生きる誓いを新たにしました。

味わった心の救いを周りへと

「昔、供丸斎先生のご教育を受けさせていただいたことがあります。厳しいけれど、とても優しいお方でした。代神の生き方を手本に…という教えを学ぶたびに、供丸斎先生の生き方に重なる信念を持って、家族に、社会に関わる思いが強くなっています」

「昨年、夫を亡くしましたが、子供たちが気に掛けてくれて、徐々に寂しさが癒えています。供丸斎先生が、狭いながらも楽しい我が家と言われていたとおり、家族を大事にしていきたいです」

「夫の介護をして約20年。大変なこともあるけれど、周りの人には、『いつも笑顔ね』と言われます。先日は、口下手な夫が『感謝してる』『そんなにも、人に親切にできる人はいない』と言ってくれて、天にも昇る思いに。この喜びを、胸を張って語っていきます」

11月1日ごろには、メールマガジンで、代神誕生記念祭の動画を配信する予定です。
一年で最も心の成長がかなう光寿信者参拝時も、残すところあと二週間あまり。心の実りを余すことなく味わうためにも、いち早く視聴し、今意識するべきことをつかみましょう。