“直使の願い”が染み渡る
聖日記念祭を挙行

直使供丸姫先生のご正体が神そのものであると明かされた、昭和62年11月15日「聖日」。直使は、救世の運命をもって、誰もが必ず幸を手にできる救いの手だて「希望の光(みち)」を確立してくださいました。11月15日、この尊い日を記念して、直使の偉大な足跡に感謝をささげる「聖日記念祭」が挙行されました。

供丸姫先生の心情に思いをはせて

開始前には、特別動画「聖日記念祭に寄せて」を視聴。一人一人が「聖日」の真の価値を心に刻み、込み上げる熱い思いを胸に式典がスタートしました。

かつて、「宝ばかり残していくから…次の時代を頼みます」と言われたという供丸姫先生。神奉仕は、その宝の意味とともに、人としての幸を捨てられた直使が代わりに手にできた、たった一つの「喜び」について語られました。
続いて神主は、「『希望の光』は、直使が生涯を懸けて残してくださった愛の結晶」と述べられ、さらに、神魂が私たちに求めているものや、的確な祈願の重要性など、直使が願われた「真実の幸福」を手にするために大切な心遣いをお話しくださいました。
なぜ、今、時代が大きく流れを変えているのか…。供丸光先生は、11月15日の神示をひもとき、その理由をお教えくださいました。来年の「予言」ともいえるこの日の神示。直使が私たちに語り掛けてくださっている…、そんな気持ちで受け止め、今、生き方に取り入れるべき課題を明確につかんだひとときでした。

「神と生きる」力強さを目の当たりに

最後に、神と歩み、“本来ならあり得なかった”今日を迎えられた方が、感謝の真心を発表しました。クローン病を乗り越えたこの方は、「神と生きれば必ず仕合せになれることを、皆さんに伝えたい」と、ご夫婦で人のために心を尽くしています。
発表に当たり、口にしていたのは心からの感謝の思い。「病がひどい頃、光寿信者参拝時はいつも入院していました。後日、おやつれになった供丸姫先生のお写真を目にするたびに、『私を助けるために…』と胸がいっぱいになったのを覚えています。ですからきょう、この日に、ここにいさせていただけることがどれほどのご守護か。感謝しかありません」と。感謝の真心で光り輝く、信者の仕合せな姿こそ、神への何よりの贈り物に違いありません。
神と歩む、その力強さを目の当たりにし、誰もが力いっぱい拍手を送りました。

「神魂は間違いなく仕合せを下さると実感した」「発表者の方を見習って、私も奉仕の心で生きていきたい」「前進するパワーをもらった」記念祭を通して、感謝の先に湧き上がった“決意”。「神と生きる」揺るがぬ信念を胸に、来年の光寿信者参拝時に向けて、新たなスタートを切りました。

聖日記念祭の動画は、11月19日ごろメールマガジンで配信予定です。神魂の時代に生きる尊さを味わい尽くせるように、今、なすべきことを逃さずつかみましょう。