愛寿御礼祭でつかんだ
より良い年輪を刻む12月の心得

一年の締めくくりとなる12月は、愛寿御礼信者参拝時です。ことしを振り返ってみて、自分の生き方や心の動きはいかがでしたか? 昨年よりも今年、今年よりも来年と、年々歳々人生を高めていくには、内省が欠かせません。12月1日には愛寿御礼祭が行われ、出席した一人一人が心の歩みを振り返りました。

なぜ“今”心を振り返ることが大切?

冒頭で神奉仕供丸清先生が語られたのは、「ことし一年を笑顔で終えるために大切なこと」でした。続いて、神主教会長先生は、この節目の意義とともに、どうすれば自分の「運命」が開花するのか、これからの「信者の課題」は何かなどをお話しくださり、各人がより仕合せな人生を歩むために大切なことをつかみました。

「『友輪』は、神と出会ってから閉じるまで、人生をつづっていく証し」教主正使者供丸光先生は、常に教えを学び、教えで生きる人生の価値をお説きくださいました。さらに、愛寿御礼祭に表された神示の解析を通して、“今”、すなわちことしの12月だからこそ、やるべきことを見詰めたひとときでした。自分自身を振り返れば、たくさんの反省点が見えてくるはず。しかし、落ち込む必要はありません。「来年に同じことを繰り返さない決意を持てばよいのです」という教主のお話に、それぞれがもっと心を磨いていこうと、新たな年へと希望をつなぎました。

込み上げる御礼を胸に新たな年へ!

「今年も、何十回も『友輪』や教会図書を読ませていただいた。おかげで、コロナで大変な年だったけれど、翻弄されることはなかった。空を見上げるだけで心が満たされて、何を見ても、何をしていても仕合せな一年でした」
「一年の終わりに自分を振り返ってみて、イライラの回数が減ってきたなあと感じます。きっと、神の教えで自分を客観視できるようになり、イライラの原因が分かってきたから…。穏やかな気持ちで過ごせることが増え、心も少し成長できました。来年の12月には、もっと成長した自分になっていたいです」
「90代の今も、地元の管理組合の委員を務めていて、多くの人が『あなたと話していると安らぐ』と言って、集まってきてくれるんです。全て神魂のおかげと思います。神が与えてくださった運命で、周りの人たちに少しでも良い影響を与えられたなら、本当にうれしいです。来年は、ますますそうなれるように頑張ります」

 

愛寿御礼祭の動画は、12月3日ごろメールマガジンで配信予定です。一年の終わりに自分の心を見詰め直し、感謝を深めて、人生により良い年輪を刻んでいきましょう。