清魂の儀で染み入った神の愛
御神体の価値をつかむ

毎日、どれほど気持ちが揺れることがあっても、神に思いを語り掛ければ、自分ではどうにもならない心を神の力で収めていただける。そして、後悔しない、正しい判断軸が持てる。「一瞬」の心の動きが、「未来」の幸、不幸を左右する現実において、“神と共に生きる”価値がここにあります。
その価値を真に味わうために欠かせないのが「御神体」です。12月15日には、新年の御神体に神の御魂を封じ込める「清魂の儀」が、神総本部真実の光会館光明殿で挙行され、神示教会の地域を預かる職員、地域窓口が立ち会いました。

次々に表される神示に、仕合せへの確かな道筋が見えて
物音一つしない荘厳な雰囲気の中で、教主正使者供丸光先生、神奉仕供丸清先生による、御神体への入魂が執り行われました。信者一人一人の仕合せを願い、丁寧に御神体を清められる御塩の音、九字を切られるお声が光明殿に響き、神の実在とお力、何より深い愛の御心を感じたひとときでした。
家に祭る「御神居用」、いつも携帯する「個人用」、車などに祭る「乗り物用」の三形態の御神体。それぞれに入魂するたび、神は次々に神示を表してくださいました。あるべき姿へと社会が戻っていく時代の流れの中、人としての正しい心のありよう、新たな年の課題、どうすれば安泰な一年が送れるか…。仕合せへの確かな道筋をお教えいただき、各自が神への感謝を深め、心を磨き抜くことを誓いました。

今こそ伝えたい! 分魂を身近に生きる価値
神の実在を目の当たりにした地域窓口それぞれが、御神体の価値をあらためて胸に刻んでいます。
「地域を通して、教えに生きる価値を伝える時…と聞いた瞬間、涙がばーっとあふれ出て止まりませんでした。御神体を通して、神に心を寄せれば、必ず守り、導いていただけることを私自身が幾度となく味わってきました。御神体の尊さ、有り難さ…。清魂の儀という、この清らかな場で感じたことを地域の方々に力強く伝えていきます」
「神がどれほど自分たちの仕合せを願われているのか…。その愛が詰まった御神体を、地域の皆さんにいち早く手にしてほしい思いでいっぱいです。新年には一人残らずの方が御神体をお預かりできるよう、きょうから皆さんに声も大に伝えていきたいです」
「コロナ禍でなかなか参拝できなかった今年。だからこそ、家に御神体をお預かりして、いつでも祈願できる有り難さを痛感しました。新年の御神体は、今まで以上に深い感謝の気持ちでお預かりさせていただきます」

12月15日「清魂の儀」の神示を、供丸光先生がご解析くださいました。新たな御神体をお預かりするに当たり、必ずつかんでおくべき内容です。

※儀式当日に表された神示は、令和3年3月発行の『真実の光・神示 令和2年版』に掲載の予定です。

 

令和3年も社会の変化にのまれず、安定した心で仕合せな毎日を積み重ねていけるように…。御神体の価値をしっかり心に刻み込み、気持ちを切り替えて新年を迎えましょう。

 

御神体を身近にお預かりして歩む人生には、数えきれないほどの仕合せがあふれています。全国の仲間から、喜びの声が続々と届いています。