心を切り替えて新たな一歩を
「清礼の儀」を挙行

1月23日、真実の光会館光明殿は、全国からの返納御神体で埋め尽くされました。「コロナ禍」というかつてない環境変化を経験した昨年。不安、不満、迷い、焦り…。一人一人が神のご分魂にどれほど心の内をさらけ出してきたでしょうか。教主正使者供丸光先生と神奉仕供丸清先生は、「清礼の儀」を通して、昨年の御神体から神の御魂を抜くとともに、そこにこもったあらゆる思いを清めてくださいました。

神の思いを胸に刻み込む
儀式の中で表された神示には、神の愛があふれていました。繰り返し説かれたのは、「祈願」についてです。朝夕、事あるごとの祈願が薄い現状、拝むのではなく、教えに生きる心を願う大切さ、まずは教えを学び深めることなど、心の修正点が次々と示されたひととき。供丸光先生は、「神の力、心の深さに感謝と感動の思いを深めました。学びの浅い、祈願の足りない私たちでも、お守りくださる深い愛に感動しました」と神の御心を受け止められ、各人の仕合せを願ってくださいました。
最後に、供丸清先生は、先の見えない不安ばかりが膨らむ世の中において、「祈願」で穏やかな心を取り戻せることがいかにありがたいか…。神と歩むほど、「感謝の塊」の日々を送れることを語られました。「社会は明と暗、大きく色分けされる」と神が言われる今年も、教えに生きれば、困難すらも、自分の人生を後押しする力とできます。仕合せになりたいと信者籍を置いた一人残らずに、悔いのない一年を手にしてほしい。「これが神魂のご心情と思います」との神奉仕のお言葉が、立ち会った地域窓口の心に深く染み入りました。

学びを深めて正しい祈願を
「とにかく神の愛をすごく感じました。こんなにも私たちの仕合せを願ってくださっていると。胸の辺りが熱いです。この愛を伝えられるように、信者さんにもっともっと寄り添っていきます」
「神が言われるとおり、地域には、あまり学んでいない人もいます。学びの素晴らしさを知っているからこそ、皆さんに教えに触れてほしいと願わずにはいられません。学びの価値を伝えていくのが自分の任と、心に固く誓いました」

明るい一年を歩むためには、今が気持ちの切り替え時。供丸光先生による「清礼の儀」の神示解析からは、そのために必要な心や、御神体への正しい関わり方がつかめます。

今年は社会情勢に鑑み、御神体の発送サービスを行っています。まだお手元にない方はいち早くお預かりし、安定した心で過ごしていきましょう。公式サイトからも直接お申し込みいただけます。

御神体を身近に置いて、神と生きる喜びを味わい尽くしている人たちの声をご覧ください。

今年も「学び」と「祈願」で心を磨き、自分の運命を大いに光らせていきましょう。