愛礼の儀 ― 一年の感謝を神に届ける儀式―

神の教えに沿って歩めば、必ず大きな奇跡、救いを味わえます。毎年9月23日から11月15日までの光寿信者参拝時には、「御礼御祈願書」にその思いを記して提出し、神に感謝の礼を尽くします。教主正使者供丸光先生が一人一人の思いを神につないでくださいます。加えて、愛礼の儀を通して自ら神に感謝を伝えるところに、報恩の思いが深まります。

※光寿信者参拝時は、年初から神の教えで心を育んだ成果が表れる実りの時、まさに一年の山場です。

 

※光寿信者参拝時を通して、一人一回の参列にご協力ください。

※偉光会館にも中継します。最寄りの偉光会館でご参列ください。