神玉祭 ―先祖の思いを受け継ぐ墓参の期間―

一年の歩みを神に感謝、報告する光寿信者参拝時は、故人、先祖へ家族の思いを届ける、神玉祭期間でもあります。我が家の心の道をつないでくれた故人、先祖にその道を受け継ぐことを誓い、家族や親戚が仲良く、仕合せに暮らす姿を報告するところに、先祖の魂も安心します。
令和4年からは、各人が、真心込めて故人、先祖に語れるように、神総本部安明殿、各偉光会館の安明の間に参拝のしつらえを整えます。 納玉した家族を対象に、一人一人の思いをつなぐ「神玉祭の儀式」も実施します。

 

神玉祭の儀式

令和4年からは、神玉里、神玉園に故人の玉(遺骨)を納めている家族を対象に、偉光郷、神玉園のある偉光会館で行うことになりました(申込制)。御魂安置所で神魂に守られている故人の魂へ、心の道を受け継ぐ思いをお届けします。

【偉光郷】

令和4年9月24日~11月14日 ※休講日を除く
平日 11:00
土、日、祝日 11:00~14:00(1時間ごと)

【神玉園がある偉光会館】

 

 神  示
先祖への供養は
    「心の道」をつないで歩む 家族それぞれの姿(和心)にある

 神  示
先祖への供養は
 「心の道」をつないで歩む
   家族それぞれの姿(和心)にある

『幸福の花』26ページ

関連行事

特別行事「光寿信者参拝時をあるべき心で」

光寿信者参拝時をあるべき心で迎え、今年の実りを神に先祖に確実に届けられるように、特別行事を、テーマを変えて2回開催します。全信者対象です。

5月5日(木・祝) 13:00 テーマ;「愛礼の儀」「神玉祭」の趣旨をつかむ

6月1日(水)  12:00 テーマ;ことしの実りを確実に得る動き方

※所要時間は、それぞれ40分の予定です。
※偉光会館へは中継。詳細は神総本部、各偉光会館の予定表をご確認ください。