神玉祭 ―先祖の思いを受け継ぐ墓参の期間―

一年の歩みを神に感謝、報告する光寿信者参拝時は、故人、先祖へ家族の思いを届ける、神玉祭期間でもあります。我が家の心の道をつないでくれた故人、先祖にその道を受け継ぐことを誓い、家族や親戚が仲良く、仕合せに暮らす姿を報告するところに、先祖の魂も安心します。
神の館で思いを語り掛けることで故人、先祖に届けられますが、一人一人の思いをつなぐ神玉祭の儀式も実施します。

 

※納玉場所にかかわらず、最寄りの偉光会館でお受けください。神総本部所属の方のみ、偉光郷での参列となります。