平成30年7月豪雨

7月に西日本を襲った記録的な豪雨により、各地が大きな被害に見舞われました。その中で、教主正使者供丸光先生は、繰り返し神魂におつなぎくださり、被災地の一人一人が数々の心の救いを味わっています。今後も目の前の不安にのまれず、冷静な対応ができるように、心の安定を求めて祈願を続けてください。何かありましたら、いつでも偉光会館へ、そして神総本部へと救いを求めてください。

平成30年9月2日 広島偉光会館で清浄の儀を開催

被災地では、多くの支援が寄せられ、復興に向けて動きだしています。しかし、まだまだ不安や迷いを拭いきれない人々のために、教主正使者供丸光先生が全国でも被害の大きかった広島へ出向かれて、各人の不安な思いや救いを求める心を神魂へとつなぐ清浄の儀を執り行ってくださいました。参列した一人一人が心に抱えたさまざまな思いを洗い流して、新たな一歩を力強く歩みだしています。