悩んだ時、『心の正道17』を読んだら、解決のヒントがつかめました。どう生きればいいのか、もっと詳しく知りたくて、『理知の真理13』や『人生の真理31』を読むと、あるべき心の姿や生き方の指針が得られて、感動でした。あらゆる視点から学ぶことで、悩みの根本原因も取り除けると実感。「これで、明るく生きられる」と、身に染みています。
(TO/30代男性)

私は、ささいなことを気にする性格です。それが、3部作を手元に置いて毎日読んでいると、いつしか心配し過ぎず、どっしり構えていられる自分になれました。すると、問題が起こっても次々にクリア。人の役に立つ喜びにも目覚めました。今は、何が起こっても乗り越えられる自信があります。3部作は最高です!
(TW/70代女性)

神は、社会が大きく変わっていくことを、何度もお教えくださっていました。そんな中、世界中でいろいろな問題が起こり、「ついに来たな」と感じた次第です。でも、分かっているから、不安にならず、ありがたい。この書籍から世の中の流れが見えてきます。
(KH/50代男性)

コロナ禍のため、家庭で過ごす時間が増え、多くの人が家族の大切さに気付いています。
神は、事有るごとに、「家族の心の重なりはいかに」と問い掛けられ、「今日、社会に欠けるもの、それが家族を大切に思う心」などとお教えくださっていました。世の流れ、人の心の動きを見通される神示はすごいなと感じます。
(YI/40代女性)

自分の人生の意味と価値、自分の生かし方が分かり、読み終わってもしばらく興奮が冷めませんでした。
感染症がまん延し、連日の報道に心が揺さぶられる状況の中でも、「世界は調和に向かっている」という、力強い神のお言葉に、安心感を覚えました。まさに宝の書籍です。
(MY/60代女性)

各節に載っているその月の神示と社会の出来事がぴったり重なっていて、驚きました。「変化にのまれ、苦しむ人が多い今」と表された月には、大型客船から多数の感染者が出ていました。「知識を絶大と信じ込む心が、隙を生む」との指摘に震える思いでした。全編を引き込まれるように読ませていただきました。
(SM/60代男性)

昨年の世の中の動きが載っていて、その時に表された神示を、とても新鮮な気持ちで読みました。だからこそ、今頂いている『友輪』(※)も大切に、社会の流れを見詰めながら、じっくり読もうと思います。
(MK/30代女性)

仕合せの六つの花びらが1枚ずつ咲いていく様子が、階段を上っていくように描かれていて、とても分かりやすかったです。夫婦、親子、健康、仕事…と、花びらごとに、何を実践していけばよいのか、具体的なイメージが湧いてくる、目からうろこの書籍でした。「教えを学んだら実践しないともったいない」と思い、早速家庭での実践に取り組んでいます。
(CM/40代女性)

たくさんの事例を通して、自分は、何ができていなかったのかがはっきり見えてきました。いつでも、どこでも学べる人生の教科書です。仕合せの六つの花びらのページを写真に撮り、知人に送ったところ、「ぜひ読みたい」と連絡が。プレゼントしたところ、とても喜ばれました。
(MH/60代女性)

家族との会話はできていると思っていました。ところが、言葉は、「思いを伝える手段、『愛』」と学び、全然できていないと分かりました。きょうから実践していきます。家族と会話するのが楽しみです。
(MM/60代男性)

離れて暮らしている親のきつい言葉に、心が引いていた時、「家族に本音を語って…」という言葉を見てハッとしました。父母と向き合えるように祈願すると、両親が心配してくれていることに気付き、電話で「心配してくれて、ありがとう」と伝えられました。心が通い合ってよかったです。この本を読むと、教えの実践ポイントがよく分かります!
(RK/30代女性)

独身で、「どうせ花びらがそろわない…」と、卑屈になることもありました。それが、ないものねだりでなく、今の生き方を大切にしようと思うようになりました。神の教えを素直に受け止め、夫婦の正しい在り方を人間関係に応用しています。
(NM/40代女性)

「心の不思議」「免疫力」「復元力」などとあり、目次を見た瞬間、「知りたい!」と心が引き込まれました。落ち込みやすく、人の言葉や態度にのまれやすい私。何かあるたび、この本を開くと、面白いように気にならなくなるのです。心の不思議を味わっています。
(HH/30代男性)

さまざまなQ&Aが載っていて、どんなときも、きっと当てはまるものが見つかるはずと、心強く感じました。まだ自分の身に起きていないことも、「こういうときはどうすれば…」「真理に沿うには…」と、今から心の準備ができます。人生は選択の連続だから、とてもありがたいです。
(MM/20代女性)

悩みそうになったらすぐ、「解決のポイント」を探すことができ、的確な心の在り方がつかめます。目の前の事象にピッタリの神示が重ねてあって感謝です。悩み別の索引から入っても、参考になるものばかり。ワンフレーズの神示が心に残り、全体を神示集で確認したくなって、早速読んでみました。さらに気付きが広がっていくのが楽しいです!
(SK/60代女性)

144個という事例の量に圧倒されました。「家庭の医学書」の「心」版と思います。悩んだときの最初の一歩を間違えるか否かで、解決が早いか遠のくかが決まります。144もの最初の一歩が神示で示されている素晴らしさ! 感動以外ありません!
(YS/40代男性)

家族と意見が食い違った時、「縁を深める極意は『愛』」という神示の一節に、心が和らぎ、「まずは、相手の思いを受け止めていこう」と歩み寄る気持ちになれました。自分は今、何を悩んでいるのか、何に気付き、どこから取り組んでいけばよいのか。読むほどに、鮮明に見えてきます。
(YI/50代女性)

悩みに対して、教えを軸に生きていく考え方、解決の糸口へと導くお話が満載でした。自分にはない悩みの数々にビックリ。内容が心に刺さりまくり、あっという間に読み切ったら、涙が出ました。生きるって、何て真剣で、尊いのでしょう。この本があれば、心と体のバランスを取って、明るく、穏やかに生きていけると思いました!
(KT/50代女性)