「明魂」誓願の儀 ―神と歩む決意を表す明魂登録者の儀式―

神から命を与えられ、生かされていることを自覚して、生涯を神と共に歩んでいくことを誓います。そこに、家族や周りの人と縁を深め、悔いのない人生を歩みきる思いが湧き上がります。
人生の終日には神が導く御魂送りをもって旅立てるよう、玉納奉寿を申し込む明魂登録の手続きをして臨みます。併せて、神示教会への納骨も申し込めます。

※玉納奉寿から納玉(納骨)まで、本人が望んだことを確実に行うために、家族や親族から立会人、立会補佐人を選任します。立会人、立会補佐人も「明魂」誓願の儀に参列します。

 

申し込み・問い合わせ

儀式は予約制です。日程を定めて集合形式で行います。
「明魂」誓願の儀は明魂登録の手続き後、ご予約いただきます。神総本部は下記の日程で行います。偉光会館はお問い合わせください。儀式希望日の3カ月前の1日から1週間前までに神総本部儀式受付、偉光会館で承ります。

明魂登録立会人、立会補佐人の方、ご家族もご参列いただけます。
神総本部儀式受付 ℡.045-710-1375(9:00~16:00)

令和3年
1月 15日(金)10:00
24日(日)10:00、13:00
2月 15日(月)10:00
28日(日)10:00、13:00
3月 15日(月)10:00
28日(日)10:00、13:00
4月 15日(木)10:00
25日(日)10:00、13:00

 

明魂登録

自分の魂を神に委ね、全人生を神と共に生き、心の道を子孫へと受け継ぐことを誓う手続きです。迎える人生の終日に、魂をお救いいただけるように願い出るものです。

 

※平成21年10月から神玉里、神玉園の管理費が前納となりました。それ以前に明魂登録された方は納骨も予約されているため、ご希望があれば、管理費を一括してお納めいただけます。詳細は、儀式受付にお問い合わせください。

 

関連行事

福寿の集い ―神への誓いを深める会―

「明魂」誓願を果たした人々が、年一回、幸福が得られる心の在り方を確認します。「明魂」誓願の儀式と同様、あらためて誓いの思いを神に届け、年追うごとに、生き方を高める心が深まっていきます。
※明魂登録者本人と、立会人、立会補佐人はもちろん、家族そろって出席できます。