館長紹介

皆さまの仕合せのために、日々全力で取り組む職員が、全国の偉光会館でお迎えしています。各偉光会館の館長を、その熱い思いと共にご紹介します。

■北海道

北海道札幌偉光会館

宮事代行

菱田達矢

大好きな北海道の発展を願う

幼少期から教会は身近な所で、いつか職員に…と思っていました。その後、父の会社に勤めましたが廃業。40歳目前にして奉職の志が現実のものとなったのです。以来、充実感に満ちた毎日です。生粋の道産子の私はこの地が大好き。役立ちたい思いは誰にも負けません。皆さまと喜びを分かち合い、仕合せな人生を共に味わいたいと願っています。

北海道旭川偉光会館

道事

小林真弓

深い愛で包んでくださる神への恩返し

母の愛で信者となったものの、自ら手を合わせることは拒んでいました。しかし、悩みを抱え、初めて神総本部へ。その時に感じたぬくもりは忘れられません。神に心を向けるほど悩みが流れていき、反発する私をも深い愛で包んでくださっていた神に恩返ししたくて職員に。旭川の皆さまも、神の愛に触れられ、存分に学べる環境をぜひご活用ください。

北海道帯広偉光会館

道事代行

小林信和

誰もが救われる時代と実感できるように

子供の頃から、神の教えを素直に実践すると、心が変わり、物事が好転していく不思議を味わってきました。帯広偉光会館開所式で表された神示には、「今までとは違う、神がこの地を守る」とあり、格段に救われる時代になったことを強く感じます。だからこそ、皆さまが家族で出入りを重ね、救いを実感していけるよう、全力でお支えいたします。

 

■東北

山形偉光会館

宮事

桜田恵子

神の愛と力が宿る神所のフル活用を

開所式の時、皆さまと共に直使をお迎えさせていただきました。あれから約30年。今の時代は、素直な心で神と向き合い、家族で教えに生きれば、絶対に救われます。悩み、苦しんでも、全てが自分の糧となり、吉に返してくださるのが神です。皆さまが、神所をフル活用して、もっと神の愛とお力を実感していただけるように心を尽くしてまいります。

青森偉光会館

道事

正木圭子

生かされた命を人のために

「神から生かされている命を、人のためにささげたい」13年前、心臓手術で命の危機に直面し、私の生き方は変わりました。以来、人の命と人生を預かる緊張感がますます膨らみました。「生まれてきてよかった。家族に出会えてよかった」一人残らずの方に、そう思える人生を歩んでほしい。込み上げる熱い思いを胸に、訪れる方々と生きていきます。

福島偉光会館

道事

林 岳

報恩の思いでお役に立ちたい

学生時代、人との接し方に悩んで偉光会館に通う中、職員や係さんが人のために尽くす姿に、「自分も誰かの役に立ちたい」と思い、職員を目指しました。福島には、震災の時以来、約10年ぶりの赴任です。当時、温かく育んでいただいた報恩の思いで、また皆さまのお役に立てるよう、仲間と共に精いっぱい務めさせていただきます。

秋田偉光会館

道事

中西朱美

世の人々が求める真理がここに

幼少期から「神様はいる」と信じており、その後、自ら信者となりました。この教会には、世の人が求める真理があります。信者籍のない方も公式サイトを見て、「素晴らしい教えで涙が出た」「人生が変わりますね」と感動していました。秋田の皆さまに、生きる軸が得られるこの環境の価値を、何としても味わっていただけるよう、尽力します。

岩手偉光会館

道事代行

近野真理

偉光会館で救われる喜びを

憧れの金融機関に勤め、お客さまの笑顔のために励みました。一方、お金で争う家族の多さに胸が痛み、家族の関わりの重要さや、もっと根本的な仕合せになる仕組みを伝える任を担いたいと思ったのです。偉光会館は、私を育んでくれた存在の一つです。この環境で救われる喜びを、皆さまにも味わっていただけるよう、精いっぱい務めてまいります。

 

■関東

茨城土浦偉光会館

道事

石井孝俊

全ての出会いが一回勝負と肝に銘じて

子供の頃から神の教えを学び、教会が大好きでした。父の死や自分の大病を、くじけずに乗り越えられたのは神のおかげです。教会には、仕合せになるために必要な道筋が示されています。それを声を大にして伝えたい。どなたにも、悔いのない人生を歩んでいただきたいです。全ての出会いが一回勝負と思い、仲間と心一つに取り組んでいきます。

群馬偉光会館

道事代行

田上奈帆

どのようなときも寄り添える職員に

初めて神総本部に行った時、どこにいても、職員が笑顔で声を掛けてくれました。その時感じた明るさや温かさが、皆さまをお迎えする心構えの原点です。偉光会館は、信者さんにとって、心のよりどころであることを痛切に感じています。家族の誕生をはじめ、うれしいとき、悲しいとき、人生の全ての瞬間を、皆さまに寄り添ってまいります。

千葉偉光会館

道事

内藤道代

笑顔の輪を大きく広げたい!

神のご存在が身近だった我が家。家業が危機に陥ったときも、家族みんなで励まし合い、心を一つに乗り越えられたのは、神のおかげに他なりません。千葉での業務は二度目ですが、前回、皆さまと一緒に救世の喜びを味わえたことが、私の大きな力になっています。大好きな千葉に笑顔の輪がますます大きく広がるように、全力を尽くしてまいります。

栃木偉光会館

道事

櫻庭敬之

人々の仕合せのために共に歩み続けたい

私は児童養護施設の指導員として、養護の必要な児童と、24時間365日暮らしました。しかし、愛情だけでは子供たちを救えず、「仕合せな人生を築く手だては教会にしかない」と実感したのです。数百人の児童と触れた経験から、神の教えを親子で学ぶ必要性を確信。真理をつかめば、必ず幸を得られる。その実現のために、皆さまと共に歩み続けます。

茨城高萩偉光会館

道事代行

石井真由佳

笑顔がいっぱいの世の中に

高校生の時、「若人の皆に期待している」という直使のお言葉に、「お応えしなければ!」と心が震えました。教えのとおり、引っ込み思案の私も、人と関わることで人生が素晴らしいものとなることを実感。人生の重要事を学べる神示は、まさに宝です。その宝と、学んで得られる喜びをお届けし、高萩に笑顔があふれるように心を尽くします。

埼玉偉光会館

宮事代行

鈴木將悦

心に打ち込まれた「役に立ちたい」思い

大好きな供丸姫先生との出会いの中で、心の奥底に打ち込まれた、「人々の仕合せのためにお役に立ちたい」という思い。供丸姫先生の愛に報いたい気持ちも重なって、職員になったのです。地元、埼玉の皆さまに、仕合せの基である、和のある家庭を手にしていただきたく、その家の誰か一人でも神との絆を深めていけるように寄り添う毎日です。

 

■甲信越

山梨偉光会館

道事

伊藤道久

教えに生きれば必ず救われる!

神の館で幾度も心が洗われる経験をし、奉職しました。以来、多くの人が悩みを乗り越える姿を目の当たりにしています。家庭の不和に苦しんでいた人も、「愛する自慢の家族」とほほ笑むように…。教えに生きれば必ず救われる。その事実に感動する毎日です。山梨の皆さまが人生を好転する極意をつかみ、必ず仕合せを手にできるように尽力します。

新潟妙高偉光会館

道事

山田 満

神の愛を忘れないで歩む

学生時代から神の教えが支えでした。今は、「何をしたかより、どんな心でしたか」という教えを大切にしています。この地の館は、開所直前に中越沖地震が発生。延期も検討したものの、大変だからこそいち早く…と願われるであろう直使の御心を思い、誕生しました。一人一人に寄り添ってくださる神の愛を忘れず、教えを支えに歩んでいきましょう。

長野偉光会館

宮事代行

志賀有子

神と生きる価値を伝え、広げる

小学校教諭を目指していましたが、職員の、人に尽くす思いに触れ、「子供たちの根本的な手助けができるのでは…」と職員を志しました。神の教えに沿って生きれば、いつも心安らかで、夢ある日々を手にできます。開所式の折、供丸姫先生が「素朴で純粋」と言われた長野の皆さま。この地に、神と生きる価値を伝え、広げてまいります。

新潟偉光会館

宮事代行

斉藤雅夫

直使の御心を受けて立つ思いで

父が倒れ、農業を継いだ頃、偉光会館が開所しました。目先のことのみならず、根本から救われる環境と知り、我が家だけでなく、教会のために役に立ちたいと思ったのです。新潟に表された、「この地を愛する直使の御心受けて立たれよ」という神示を目にした瞬間、「受けて立ちます」と誓いました。職員として何ができるか、いつも考えています。

 

■東海

静岡焼津偉光会館

道事

鈴木史子

皆に伝えたい「神と生きる価値」

早くに父が亡くなった我が家を、大黒柱として支えてくれた母が他界。計り知れない喪失感を拭えたのは、神の愛と教えのおかげです。自分にしかない「人のために役立つ力」を存分に発揮していこうと奮い立ち、自分らしさを取り戻せたのです。私が体感した奇跡、誰もが味わえる神と生きる価値を、力強くお伝えしてまいります。

愛知偉光会館

宮事

小川雅子

仕合せの輪を広げるために

偉光会館では、一人一人に徹底的に寄り添える楽しさ、感激を味わう毎日です。悩みを抱えても、神の教えに答えを見いだし、学んで救われる姿。教えを実践して、家族で学び始める姿。そこに関わる地域のお仲間の熱い気持ちには感動、感謝しかありません。待つのではなく、自ら動く。仕合せの輪を広げるために、どんなことでもさせていただきます。

静岡伊豆の国偉光会館

宮事

竹之内幸恵

愛にあふれた極上の館を目指します

神の館に足を運ぶうちに、その人の良さが輝いていくことが何よりの喜びです。かつて、直使が「神の館を温かな館にするのも、冷たい館にするのも、そこにいる職員の心一つです」と語られたお言葉が、いつも心にあります。出会う全ての人に、「来てよかった。安心した」と喜んでいただけるよう、愛にあふれた極上の偉光会館を目指しています。

 

■北陸

石川小松偉光会館

宮事

大浦雅巳

この地のさらなる救いを

大病を患い、何度も救いを求め、学びに来た偉光会館。不安も不満も祈願で流れ去り、不治の病から救われて職員に。同じように救われていく、多くの方々の姿を見てきました。「もっと大勢の方が、もっと救われていくように…、この地を、神魂が願われる和のある家庭で埋め尽くしたい」そのために研さんを重ね、職員の任を果たしてまいります。

福井偉光会館

道事

森松信枝

仕合せ感に包まれて過ごせるように

福井は縁がある地です。私の出生地であり、偉光会館の最初の赴任先でもあります。さまざまな忘れられない出会いがあり、神の教えで生きて救われていく姿や喜びも目にしました。一人残らずの方が家族で教えを学び、神が根付いたこの偉光会館を活用して、仕合せ感に包まれた日々を過ごせるように願いながら、お迎えしてまいります。

石川津幡偉光会館

道事代行

井藤実知子

神の愛に気付き 神と共に歩む

漠然とした寂しさや不安を抱えていた心を、優しく包んでくれたのが神示でした。神の教えを学ぶほど、自分に欠けているもの、見えていなかったことに気付き、必ず救われていきます。これこそが、神の愛であり、根本から人生を変える手だてです。苦しみさえも、人生を彩る宝になります。神と共に歩んで、本当の仕合せを手にしましょう。

■関西

兵庫偉光会館

宮事

松本典子

希望を持って生きてほしい

「負けたくない」と歯を食いしばって生きていた母が、神と出会い、笑顔が増えたのです。環境は変わらなくても、家族の心は楽になりました。あらがえない環境下にいたとしても、生き直せるから生きる希望を持ち続けてほしい、それが私の救世に懸ける思いです。夢を語り合える家庭が増えるよう、皆さまと共に、笑顔に向かって歩んでいきます。

大阪偉光会館

宮事

鈴木雄司

教えで生きる感動と安心感を皆さまに

「直使の御心だけは裏切れない」「自分も、人のために尽くす両親のような職員に…」と思い、奉職しました。皆さまの人生に寄り添う緊張感の中で、悩んでいた方が笑顔に変わり、教えを学ぶ醍醐味を味わう姿を見るのが生きがいです。教えの奥深さに魅了された一人として、この感動と安心感を、この地の皆さまに味わっていただきたいと思います。

 

■中国・四国

広島偉光会館

道事

赤井麻奈美

希望に満ちた人生を味わって

20代で大きな悩みに直面した際、神示を生き方に取り入れる努力をしたら、自分ではどうにもできなかった心が落ち着きました。その時、神の実在と深い愛を感じたのです。神と歩めば安心感に包まれるという不思議を、皆さまに味わっていただきたくて、心を尽くす毎日です。広島偉光会館が、救われた方々の笑顔でいっぱいになることを願っています。

愛媛偉光会館

宮事

萩尾圭介

希望を胸に歩み抜くための橋渡しを

東北に赴任中、大震災に見舞われました。壮絶な状況の中、心の折れた方々が立ち直る原動力となったのは、直使供丸姫先生が万人に与えたいと願われた「希望」でした。神、大山命と一緒なら、どのようなときも心明るく生き抜いていけます。地元愛媛の皆さまが、希望にあふれた人生を歩み抜けるように、神との橋渡しを努めてまいります。

香川偉光会館

道事

尾木豊香

力強く寄り添える職員に

長年積み重ねた、「どうせ自分は…」の悲観的な心。「変わりたい」と求めて神の教えを学ぶうちに、心が変わる救いを味わい、自分にできることでお役に立ちたいと、職員人生を歩む決意をしました。香川偉光会館は、家族で足を運んだ思い出の場所。その館で、訪れる方々をお迎えできることに感謝し、皆さまの人生に力強く寄り添ってまいります。

■九州・沖縄

佐賀偉光会館

宮事

松浦ひろみ

偉光会館と共に救世心を新たに

進路に迷っていた時、導かれるように奉職しました。幼い頃から、「困っている人を助けたい」と人の笑顔に喜びを感じていた私に、神が生きる場所を与えてくださったのです。同郷の佐賀の皆さまは、人の仕合せを願う神の存在を伝えたいという熱い心をお持ちの方々ばかりです。新生佐賀偉光会館と共に、私も心生まれ変わり、救世に臨んでまいります。

長崎偉光会館

道事

野方久子

生かされた命を皆さまの開運のために

神示を学ぶ方々の人生が引き上げられていく姿を目にするたびに、神示の持つ力の大きさと、深い神の愛を感じます。私自身も、神示に触れて心が安定し、「仕事を続けるのは無理」と言われた病を乗り越えました。頂いた命を、長崎の皆さまのお役に立てたいと願い、強い使命感と愛ある心で、お一人お一人のお心に寄り添わせていただきます。

熊本偉光会館

道事

出口 忍

真実の救いのために人生をかける

看護師として働く中、「人生の幸不幸は命の長短ではない」「最期にその人の生き方が見える」と感じていました。当時、「教会に病院ができれば…」という直使のお言葉を伺い、「真実の救いのためにお役に立ちたい」と職員に。熊本出身の私は、この館のおかげで今があります。皆さまにも、ここで多くの喜びを味わっていただきたいです。

鹿児島偉光会館

道事

石川 毅

各家が根こそぎ救われることを願って

神示教会の職員となったのが平成7年、鹿児島偉光会館の開所と同じ年です。私自身、両親を玉納奉寿(教会葬儀)で送り、真の救いを味わいました。神示教会には、唯一無二の心の救い、魂の救いがあります。それを鹿児島の方々にも味わっていただきたいのです。その家、その家が根こそぎ救われることを願い、皆さまのお越しをお待ちしております。

福岡偉光会館

道事

菊永佑紀子

神と出会えたありがたさに気付いて

解決の道を見いだせずに、嘆き、悩む人の姿を目にすると、神と出会い、教えを学べる価値が身に染みます。小さい頃は分からなかった、いつも穏やかで、安心感に包まれて生きるありがたさ。一人一人の仕合せを願ってくださっている神の愛を、信者の皆さまにお伝えできるよう、自分の力を磨き、努力してまいります。

大分偉光会館

道事

長谷川治世

一人残らずの救いを願われる神と共に

奉職後、最初の慶事が大分偉光会館開所式でした。「もっと大分の方々が救われていく」と、感謝と感動の涙を流したのを覚えています。神示教会は、心が変わる、人生が変わる環境です。つらいことがあったとしても、全てが糧になると言い切れます。奉職の時に誓った「一瞬一瞬の出会いを大切に」の思いを胸に、皆さまに寄り添わせていただきます。

宮崎偉光会館(令和5年春開所予定)

道事代行

阿久井 宏

神に愛されていることに自信を持って

以前は、人々の食を支えるべく、水と土に関わる仕事に従事していました。その時、気付かされたのが、人知を超えた自然・神の偉大さです。その神のお力が根付くことで、どれほど救われるか知れません。職員の任は、神から託された使命と思います。「神が示される正しい生き方をすれば、必ず仕合せになれる」と、愛する郷土に広めてまいります。

沖縄偉光会館

道事代行

高橋良恵

悔いのない人生を歩むことを願って

苦しみながら最期を迎えた青年。「こういう子がいない世の中にしたい」と、看護師から職員になりました。驚いたのは、がんの末期でも苦しまず、家族が安心して見送る穏やかな終日があることでした。神の教えで生きれば、必ず悔いのない人生が歩めます。沖縄の皆さまが、思いを残さず、充実した人生を送れるように、心を尽くしてまいります。

■海外

アメリカ フロリダ事務所

宮事

藍原秀江

アメリカと日本に恩返しを

日本にルーツを持つ私ですが、アメリカで育ち、多くの国、人種の方々との深い縁に支えられてきました。多様な文化が入り交じるアメリカにあっても、真実の神の教え、真理に沿った生き方があることを、触れ合うお一人お一人に伝えていきたいです。この国に住む信者の方々の心のよりどころとなれるように、皆さまの思いに寄り添ってまいります。

[所在地]

9160 Forum Corporate Pkwy Suite 350
Fort Myers, FL 33905, USA

※常駐ではありませんので、問い合わせなどは、これまでどおりtrans-worldメールをご活用ください。