何でも相談室

神示教会に多く寄せられる相談や質問にお答えします。内容は、毎月1日、15日に更新します。
「自分の場合はどうしたら…」「こういうことを聞きたい」という方には、個別の教務相談の場があります。教務相談では、神の教えに沿った考え方、受け止め方を、職員に確認できます。

 

医師から治療方針を複数提示され、選択するように言われましたが、判断できません。どのように考えたらよいでしょうか。(50代男性/会社員)

難しい選択を迫られ、不安に迷うのは無理もありません。そのようなときこそ、一人で抱え込まず、身近な家族に自分の思いを語り、家族の思いも聞いて共に考えましょう。その上で、医師にも率直な気持ちを打ち明け、相談することです。皆の心が重なって、自然と最良の選択が見えてきます。

悩み 迷うは 人の常
    なれど 心安定するほど 人の思いは流されない
家族それぞれ 思いを語れる家庭には
    心迷うも 心悩むも 苦しい思いは残らぬものなり

悩み 迷うは 人の常
 なれど 心安定するほど
    人の思いは流されない
家族それぞれ 思いを語れる家庭には
 心迷うも 心悩むも
    苦しい思いは残らぬものなり

『真実の光・神示 平成19年版』91ページ

家族や周りの人たちの支えに感謝し、自分ができることに前向きに取り組んでいきましょう。心身のバランスも取れてきて、力強く乗り越えていけます。

 

今は元気なので一人暮らしをしていますが、孤独死などの不安も感じています。(70代女性/無職)

人は一人では生きてはいけないと、神はお教えくださいます。身内はもちろん、身内がいないなら近しい人など、触れ合う人と縁を深める生き方がとても大切です。

「奉仕の心」を身に付け 生きよ
 多くの出会いが生きてきて 齢重ねるほどに 生きがい味わうものとなる

「奉仕の心」を身に付け 生きよ
 多くの出会いが生きてきて
    齢重ねるほどに
      生きがい味わうものとなる

『真実の光・神示 平成22年版』173ページ

神が言われる「奉仕」は、人の役に立つことです。難しく考えず、毎日の中で「ありがとう」と言ってもらえる自分を目指しましょう。その積み重ねに、人との出会いが広がり、縁が深まっていきます。一人暮らしでも、いつも周囲があなたを気に掛けてくれるようになります。自分が役立つ喜びが、生きる活力を生み出します。その生き方が、人に良い影響を与え、人生を価値あるものとするのです。