人としての成人は15歳と、神はお教えくださいます。この年代の子供は、もう自立した一人の人間なのだと、親の意識を変える必要があります。子供が良さを発揮して、社会へ立派に巣立っていくために、親としてどのように向き合い、関わっていけばよいのか、神示を基に学びます。

※光寿信者参拝時(9月23日~11月15日)は休講です。

 

家庭は、社会の最小単位。人を育てる土壌となる場、礎ともいえます。
0歳~15歳は木に例えると、まだ苗木。親がある程度管理できます。しかし、15歳~30歳は子供自身が人生を見いだし、自分で歩みだす時です。親であっても管理できるものではありません。それなのに、できると思ってしまう傾向があります。
では、我が子の仕合せのために親としてできることは何か、正しい関わりを持つことです。家庭の中での何げない会話、息遣い、心の持ち方が家族一人一人の心に大きく影響します。親自身が父であり母である自分の任、立場を自覚し、神の教えを生かし、豊かな心で生きる家庭環境をつくっていきましょう。
神の教えを学び、祈願しながら強い信念を持って取り組むところに、弱い実体は抑えられ、家族一人一人の良さが引き出されます。明るく強く生きる我が子は、周りの人にも支えられ、自信を持って人生を歩み抜いていけるのです。

 

教主担当

教主正使者供丸光先生

日時

※今後の日程は決まり次第お知らせします。

 

 

職員担当

教主が解析してくださった最新の神示を基に、日々の生活の中でどのように実践していけばよいのかをつかんでいきます。

日時

※今後の日程は決まり次第お知らせします。

担当

神事 鈴木滝雄、宮事 窪田和子、宮事 鈴木正人

会場

神総本部友和会館3階、全国偉光会館(中継)