親の会

 

子供のために親ができることは?
求めている答えがここに

 

「正しい仕付け」と聞いて、どんなことをイメージしますか? 激しい環境変化の中にある現代社会において、子供が自身の良さを生かして伸び伸びと生きていくために、親でなければできないことがたくさんあります。何があっても、それを糧に成長していけるよう、子供と正しく触れて、正しく後押しできる親の姿を、神の教えでつかんでいきましょう。

 

夫婦の姿が子供の心の安定に大きく影響する

あっという間に過ぎゆく0歳~6歳の期間は、その子の人生の基盤をつくる非常に重要な時期です。夫婦がしっかり心を重ねて会話する姿に、子供は自然と「思いやり」の心を理解していきます。この時期に親に求められる心の在り方を、「信者心の基勉強会」や、教会図書『実りの光』『理知の真理』で学びます。そこに、親自身も一人の人間として大きく成長することができます。

 

 

親子で学び、心のつながりを強くする

15歳までは両親の影響を大きく受けて育ちます。つまり、子供の心の成長は親の生き方次第ということです。魂安らぐ家庭、親子の絆の深まりによって、我が子の心は安定し、15歳の芽吹きの時を力強く迎えられます。その準備期間に当たるこの時期に意識したい家庭のあるべき姿、子供との触れ方を、「実りの集い」の授業や、教会図書『実りの光』を通して、親子で一緒に学びます。併せて、基本真理のつかめる「信者心の基勉強会」も、必ず学びましょう。

 

 

自立した一人の人として向き合う

人としての成人は15歳と、神はお教えくださいます。ですから、このころからは、もう自立した一人の人間なのだと、我が子に対する親の意識を変える必要があります。子供が良さを発揮して、社会へ立派に巣立っていくために、親としてどのように向き合い、関わっていけばよいのかつかみます。

 

令和3年の行事は、ゼミナール形式で実施します。
当月の「友輝会」を学んでから、出席してください。

実施日;6月20日(日)、8月29日(日)

時間;14:00

場所;神総本部友和会館、全国偉光会館(神総本部から中継)

対象;15歳~30歳の未婚者(友輝会)の親

※一人親の方は、一人で父母両方の役割を担おうとするよりも、父、または母として、自分が負うべき役割をまずは全うしましょう。