『友輪』

昭和28年、わずか50人ほどで発足した大山命神示教会は、供丸斎先生の百発百中のご指導と、驚くような奇跡の数々が評判を呼び、口コミで全国に信者の輪を広げていきました。信者の数が増え続ける中、神の教えを正しく、早く伝える必要性を感じられた供丸斎先生は、神示教会の機関紙の発行を強く願われました。
そして、供丸斎先生の願いをかなえてさしあげたいと、一心に、供丸姫先生は神に訴えられたのです。その思いに応えて神が表されたのが、『友輪』という機関紙の名称でした。第一号は昭和60年、新聞形式で発刊しました。
それから30年余りを経た令和元年、『友輪』は冊子形式に生まれ変わりました。表紙は、日本をこよなく愛した供丸斎先生の思いを受けて、タイトルを力強い筆文字に、そして縦に伸びる3本線で、神、仏、人の「三筋の道」が示されています。誰もが、神、仏、人の道を真っすぐ歩めば、必ず悔いのない人生が歩めることを、神はお約束くださっています。教主正使者供丸光先生を通し、4カ月先まで表される神示。前もって世の中の移り変わりがつかめる今、日々の生活の中で心が揺れても、流されず、流れに乗れるよう、しっかり読み込み、存分に活用しましょう。

 

 神  示
神が使者を通し 世に表す「教え」は 全てが「真理」
 人生の「真理」は
    「教え」なくして 人の知識 経験では計りきれない
信者は 「教え」の価値をよくよく悟り
    「教え」を「心」の支えに生きるべし
 「教え」に「生きる」思いが深まるほど
    人の心は安定し 「道」欠く心の動きは起こらない
「教え」のある家庭を 家族でつくる努力を重ねて
    人は 「運命」に重なる人生を歩んでゆける
 悔いなき人生を手にする 人の姿が ここにある

 神  示
神が使者を通し
  世に表す「教え」は
    全てが「真理」
 人生の「真理」は
  「教え」なくして
    人の知識 経験では
      計りきれない
信者は
「教え」の価値をよくよく悟り
  「教え」を「心」の支えに
    生きるべし
「教え」に「生きる」
    思いが深まるほど
  人の心は安定し
  「道」欠く心の動きは起こらない
「教え」のある家庭を
    家族でつくる努力を重ねて
 人は 「運命」に重なる人生を
    歩んでゆける
 悔いなき人生を手にする 人の姿が
    ここにある

330号(7月)

7月1日

7月15日

7月23日

※『友輪』は1月、5月、9月発行。神総本部、偉光会館、地方会場において無償で受け取れます。