佐賀偉光会館を次代につなぐ

開所から28年を経た佐賀偉光会館は、人々の心のよりどころとして、この地に深く根付いています。参拝、学び、儀式…と、各人の人生にいかなるときも寄り添い、仕合せへと導く尊い救いの場です。

人生の大目的である「開運」のために欠くことのできない偉光会館を、次世代へつなぐ確かな施設とするために、神玉園を除き、全面的に建て替えをいたします。完成は、令和4年秋を目指します。神魂誕生20周年に重ねて行われるこの改築の深い意義をしっかりとつかみましょう。

佐賀偉光会館の歩み

↑ここをクリック

 

令和3年6月29日(火) 改築に向けての清めの儀

佐賀偉光会館改築に向けての清めの儀が、教主正使者供丸光先生によって執り行われました。

 

令和3年5月30日(日)11:00 信者勉強会

佐賀偉光会館改築に当たり、神総本部より中継を結び、教主正使者供丸光先生ご担当の信者勉強会を開催しました。