聴覚、視覚、肢体障害者とそのご家族を対象とした会です。この会の趣旨や環境をはじめ、授業や行事をご紹介します。

 

体の障害があっても、自分の良さを生かして社会に役立つ心を、神示を基に学びます。周囲と積極的に関わり、互いに支え合って明るく生き生きと過ごす、そのような心が育めます。 ご家族の方もご出席いただけます。

 

 

神総本部;毎週土曜日 13:00

第1土曜日 肢体障害の部
第2土曜日 視覚障害の部
第3土曜日 聴覚障害の部
第4土曜日 合同の会(偉光会館に中継)

※「合同の会」は、聴覚、視覚、肢体障害の部合同で行います。

宮事 窪田和子、宮事 桜田恵子、宮事 仙場眞由美

 

 

神総本部友和会館4階、全国偉光会館(第4土曜日のみ中継)

 

 

「聴覚障害の部」と「合同の会」では、手話通訳の方が入り、ホワイトボードに要点の書き出しも行っています。「視覚障害の部」と「合同の会」では、盲導犬の入場も可能です。
また、神総本部では、難聴の方が、ヘッドフォンを使用して、個室で「合同の会」と、一部の授業を視聴することもできます。さらに、友和会館2階相談受付では、教会図書を点訳した本の貸し出しをしています。整った学びの環境を、ぜひ存分にご活用ください。

 

 

教主が合同の会に出場され、供の会に向けて神が新たに表された神示をもってご指導くださいます。月々の供の会では、その神示を基に学びを深めていきます。令和元年は、8月24日(土)に行います。

 


ポスター

 

 

供の会に出席している人たちが家族への感謝を語り、支える家族が思いを伝えるなど、温かい雰囲気の中で互いの絆を深めます。毎年4月ごろに行います。

 

 

供の会の人たちが日頃どのように生きているかを発表します。体に障害があることで不自由なことや、いろいろな場面で支えられている感謝、神の教えを基に力強く生きている姿などをお伝えします。供の会に参加したことのない方や健常者の方々も、ご出席いただけます。令和元年は、10月26日(土)に行います。

 

 

神奈川県湯河原町にある偉光郷で、ゲームなどを楽しみながら参加者同士が交流できるひとときです。ご家族の方もご参加いただけます。令和元年は、12月7日(土)に行います。

 

 

「仲間のうた」は、供の会のみんなで言葉を出し合い、歌詞ができあがりました。授業や行事の際に、みんなで歌っています。

 

<歌詞>

供の会は優しい 供の会は楽しい

会えばうれしい ほっとする

みんなの香りに包まれて

勇気が出る 元気になる

夢 希望 力 愛   明るい笑顔 深まる絆

広げよう 広げたい 触れ合う喜び

広げよう 広げたい 輝いている みんなの姿

 

頑張らなくてもいいんだよ 肩の力を抜いて

自分を信じて マイペース

出会いとともに伝えたい

同じ心仲間 あなたも あなたも

夢 希望 力 愛 明るい笑顔 深まる絆

広げよう 広げたい 触れ合う喜び

広げよう 広げたい 輝いている みんなの姿