湯処(ぼたん湯)

供丸斎先生は、経営されていた銭湯を、「衣服のボタンと同様に、人間に必要なものだから」と「ぼたん湯」と名付けられ、終戦直後には、人々に無償で提供しました。その名にちなむ宿泊処の湯処は、「身も心も癒やされる」と大好評。どなたでもご利用いただけます。